トップ > AGA・薄毛治療に関する知識 > 増毛と植毛の違い > 男性の薄毛治療:増毛と植毛の違いについて

男性の薄毛治療:増毛と植毛の違いについて

増毛は、髪の毛を増やすことを目的としています。元々存在する髪の毛を増やすこともできますし、発毛対策を行うことで髪の毛のボリュームを多く見せることもできます。

つまり、薄毛治療の一環として対策をするとは限りません。手段は数多くあり、市販で提供されている育毛剤や発毛剤を利用して増毛を実施することも可能です。 ただ、大きなリスクが存在しないかわりに確実に増毛が可能であるのかがわからないデメリットがあります。

一方で、植毛は男性の髪の毛をそのまま移植することを意味します。近年では、人工毛髪における植毛は行われていませんので、植毛を行う際には患者自身の髪の毛をドナーとして移植します。

自毛植毛のメリットは、特定の脱毛症に対して大きな効果を期待できる点です。男性には、男性型脱毛症という特殊な抜け毛の症状が存在し、この症状には専門的な薄毛治療が必要になります。自毛植毛はその治療の一環で利用できる手術であり、効果も期待できるメリットがあります。


増毛は、髪の毛を増やすことを目的としています。元々存在する髪の毛を増やすこともできますし、発毛対策を行うことで髪の毛のボリュームを多く見せることもできます。