トップ > AGA・薄毛治療方法 > 女性薄毛治療薬パントガールの特徴・効果

女性薄毛治療薬パントガールの特徴・効果

パントガールは近年増加してきている女性の薄毛の悩みに対応できる女性薄毛治療薬として、安全性と効果が認められています。びまん性脱毛症という女性の薄毛に多い症状に効果的に働きます。

びまん性脱毛症とは髪が細くなる事や抜け毛の増加で起きる薄毛の症状であり、パーマやカラーリングによる頭皮のダメージ、ストレス、出産や加齢でのホルモンバランスの崩れなどから発毛状態が悪くなる事です。

パントガールは、髪に栄養を与え発毛を促し健康な髪を作ります。強くて、ハリのある髪が作られるようになると髪にもボリュームが感じられるようになります。白髪や髪質の改善効果や爪にも効果があります。発毛状態の改善を促す治療薬なので、しばらく服用する事で効果を実感しやすくなります。

女性薄毛治療薬パントガールの服用期間・副作用について

パントガールは飲み薬で、大人は1日3回、1粒を目安に服用します。12歳以上は1日1~2回、1粒を目安に服用します。
服用方法は食事の際にかまずに少量の水と一緒に飲みます。多量に服用することで薄毛が早く改善するなどの効果はないため、1日の摂取量の目安を守るようにして過剰に飲むことは控えます。

副作用は胸のむかつき、ガス溜まり、腹痛、下痢、めまい、頭痛、嘔吐、動機、紅斑などがあり、稀に発汗、発疹、かゆみ、蕁麻疹、胃腸の胸焼けなどがある可能性があります。副作用を感じた場合は使用を中止して医師の診察を受けることが大切です。
飲む期間は、最低でも3ヵ月間は服用することが大切で、効果を持続して美しい髪の毛を保つためには6ヵ月~12ヵ月の長期間飲み続けると良いです。

女性薄毛治療薬パントガールの個人輸入のリスク

女性薄毛治療薬として人気のパントガールは、医師から処方してもらう他に個人輸入代行の通販サイトを通しても購入できますが、個人輸入の場合は偽薬をつかまされてしまうリスクがあります。
偽薬は正規品に比べて効果が低かったり、まったく効果のないものだったりします。偽薬をつかまされないようにするには、信頼できる個人輸入代行業者を選ぶことが重要です。

もう一つのリスクとしては副作用や健康被害がありますが、パントガールは副作用がほとんどない安全な薄毛治療薬として一般的には知られています。
ただし副作用が出るかどうかは人によって違いますから、絶対に安全であるとは言い切れません。不安があるなら個人輸入で購入するのではなく、病院で医師に診断を受けた上で処方してもらうのが一番です。

パントガールは近年増加してきている女性の薄毛の悩みに対応できる女性薄毛治療薬として、安全性と効果が認められています。びまん性脱毛症という女性の薄毛に多い症状に