トップ > AGA・薄毛治療に関する知識 > 専門病院と皮膚科の違い > 専門のクリニックと一般の皮膚科でのAGA治療の違い

専門のクリニックと一般の皮膚科でのAGA治療の違い

AGA治療は、専門のクリニックだけではなく、一般の皮膚科でも受けることが可能です。 しかし、どの病院でも同じAGA治療を受けられるのかといったら、そうではありません。

AGA治療専門のクリニックと一般の皮膚科では、その治療内容に大きな違いがあります。 早く発毛効果を実感したいなら、AGA治療専門クリニックでの治療をおすすめします。

一般の皮膚科では治療薬を処方するのみ

一般の皮膚科では、AGA治療薬であるプロペシアやミノキシジルなどを処方して治療を行う程度で、育毛メソセラピーやハーグ療法、植毛など高度で専門的なAGA治療を行うことはほとんどありません。

さらに、治療薬の処方も、ただ単剤を処方するのみで、患者の薄毛の状態や体質などに合わせて治療薬を処方するようなオーダーメイド治療も行うことができないケースがほとんどです。

治療薬を投与することで、薄毛が改善するケースもありますが、AGAの原因は、遺伝や生活習慣・ストレスなど、様々な要因が絡んでいるため、ただ治療薬の投与だけでは、発毛効果を実感し、薄毛を改善させることは難しいです。

一人一人に合った治療ができるAGA治療専門クリニック

AGA治療専門クリニックは、一般の皮膚科とは異なり、ただ治療薬を単剤処方するのみではなく、患者の薄毛の状態や体質などに合わせて、オーダーメイドで治療薬を処方したり、その人に合った、より専門的で高度な治療を行うことができます。 AGA治療の専門医が患者の診察をしっかり行ったうえで、治療を行うため、早く発毛効果を実感することが期待できます。 さらに、プロペシアやミノキシジルなどの代表的なAGA治療薬は、一般の皮膚科よりも安く処方してもらうこともできます。

また、一般の皮膚科では、はじめに病院に行くと初診料がかかってしまいますが、AGA治療専門クリニックの場合は、薄毛に関する相談が無料カウンセリングの際にできるので、AGA治療がはじめてという方は、まずは専門のクリニックで無料カウンセリングから受けてみることをおすすめします。

AGA治療は、専門のクリニックだけではなく、一般の皮膚科でも受けることが可能です。 しかし、どの病院でも同じAGA治療を受けられるのかといったら、そうではあり