トップページ >  AGA・薄毛治療方法 >  AGA治療薬プロペシア

AGA治療薬プロペシアの特徴・効果

AGA治療として、最初に行われる一般的な治療法は治療薬を処方する投薬治療です。 なかでも、最も一般的なAGA治療薬としてあげられるのが、プロペシア(一般名:フィナステリド)です。 プロペシアは、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンの生成を抑制させる働きがあります。

プロペシアでAGAの脱毛症状を抑える

AGAで髪の成長を阻害し、薄毛の原因となるのは、DHTという悪性ホルモンにあります。 DHTが髪の毛をつくる元の細胞に溜まることで、成長段階にある細い毛髪の成長を止めてしまいます。 結果、ヘアサイクルを乱されてしまい、薄毛が進行してしまうことになるのです。

DHTは、テストステロン(男性ホルモンの一種)がII型5αリダクターゼ(還元酵素)によって変換されてできるホルモンです。 プロペシアは、DHTを生成するII型5αリダクターゼの働きを阻害することによって、AGAの脱毛症状を抑制させる作用があります。

プロペシアは個人輸入で購入できるがトラブルになる可能性も!

プロペシアは、個人輸入で購入することも可能です。医療機関で処方するよりも安く購入できることもあり、個人輸入で購入する方もいるようです。 しかし、個人輸入の場合、偽薬を購入させたり、治療薬による副作用が発生したりと、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

単なる服薬治療といえども、やはりプロペシアは薬なので、国内の正規品を購入でき、副作用にもきちんと対応してもらえるAGA治療専門クリニックで処方してもらうのが一番です。


プロペシアのみではすぐに薄毛改善できないケースが多い

AGA治療として一般的で有効な治療法であるプロペシアの服用による治療。 多くの方が行う治療法ですが、プロペシア単剤のみの処方では、髪の毛がハゲてしまった状態から、明らかな発毛効果を実感することは期待できないケースが多いです。

その理由は、プロペシアの作用にあります。 そもそも、プロペシアは、AGAの脱毛症状を抑える作用を持つ治療薬であり、髪の毛が元々生えていない頭皮から髪の毛を生やす発毛効果は期待できないのです。

プロぺシアは、AGAの原因であるDHTの生成を抑え、乱れたヘアサイクルを整えることで、今まで細くなった毛髪を丈夫で太い毛髪に改善することができるのです。しかし、プロペシアの服用により乱れたヘアサイクルを整えるためには、長期間を要することが明らかになっています。

実際に、日本で行われた3年間のプロペシア投与延長試験では、薄毛の改善が認められた割合は、2年間の服用継続で被験者全体の68%、3年間の服用継続で78%である結果が出ています。このようにプロペシア単剤処方のみでは、長期間継続して服用しなければ、薄毛の改善が実感できないのです。

早く発毛効果を実感したいならAGA治療専門クリニックへ!

プロペシアは、一般の皮膚科での処方や個人輸入での購入も可能ですが、多くのケースでは、プロペシアの単剤処方では発毛効果はすぐには実感できず、薄毛改善にはつながらないことが明らかになっています。

短期間で発毛効果を実感したいなら、やはり、AGA治療専門クリニックで治療を受けることをおすすめします。 AGA治療専門クリニックでは、患者の薄毛の進行具合や体質・症状に合わせて、治療を行うため、より早く薄毛を改善させる可能性が高くなります。

薄毛治療専門クリニック 無料カウンセリング・治療体験レビュー

AGA治療の無料カウンセリング・治療の流れってどんな感じなの?実際に行く前に、クリニックの雰囲気を知りたい! ということで、実際に、AGA治療専門クリニックとして定評のあるAGAスキンクリニックへ訪問し、無料カウンセリング・治療に関して体験してみました。
AGAスキンクリニック体験レビューはこちら
女性患者専門の薄毛治療クリニックとして定評のある東京ビューティークリニック。 無料カウンセリング・治療はどのような流れで進められるのか?実際にカウンセリング・治療を行う前にクリニックの雰囲気が知りたい!そんな方のために、実際に東京ビューティークリニックへ訪問し、無料カウンセリング・治療に関して体験してみました。
東京ビューティークリニック体験レビューはこちら