トップ > AGA・薄毛治療方法 > AGA治療薬ミノキシジル > AGA治療薬ミノキシジルの特徴・効果

AGA治療薬ミノキシジルの特徴・効果

巷には、育毛剤や育毛・発毛サロンでの施術など、クリニックよりも手軽に薄毛のケアができるアイテムが増えてきています。

薄毛に悩む多くの方は、一度は試してみたことがあると思います。でも結局は、明らかな発毛効果が実感できなかったという方が多いと思います。なかには、発毛効果が実感できないだけではなく、逆に薄毛の症状を進行してしまったケースもあるようです。

実は、育毛剤や育毛・発毛サロンでの施術は、医学的根拠の乏しいアイテム・サービスなのです。このようなものを提供している会社は、よく毛髪診断士が在籍しているといって、いかにも髪によさそうなアピールをしていますが、医学的根拠のある医療行為を行える医師は在籍するところはほとんどないため、高い発毛効果は期待できないのです。


実際に、育毛剤や育毛・発毛サロンでの施術によりトラブルも多発していて、その現実を改善するために、2010年4月、専門医10人から構成される日本皮膚科学会が「AGAの診療指針」というものを作成しています。「AGAの診療指針」では、現在、日本国内で提供されている薄毛の対処法・治療法が精査・評価されています。

この「AGAの診療指針」の評価をみてみると、AGA治療薬である「ミノキシジル外用」は、A(行うよう強く勧められる)・B(行うよう勧められる)・C1(行うことを考慮してよいが十分な根拠がない)・C2(根拠がないので勧められない)・D(行わないよう勧められる)の5段階のうち、A評価を受けており、「ミノキシジル外用」は医学的根拠の高い治療法であることが確認できます。 また、女性の薄毛治療にも高い発毛効果が期待できる治療薬でもあります。

もともと血圧降下剤として使用されていた薬

ミノキシジルは、血管を開くことで、血流を促進させ、血圧を下げる働きのある成分です。 はじめは、高血圧を抑える血圧降下剤として使用されていましたが、使用していた人の副作用として多毛症の症状がみられたことから、発毛剤として販売されるようになったという経緯があります。

ミノキシジルで血管を開くことで、頭皮にある毛根にも栄養がすみずみまで行き届きやすくなり、その結果、髪の毛にも栄養がしっかり与えられ、発毛促進作用が期待されます。

市販薬「リアップ」としても発売され人気

1999年に大正製薬から販売された市販薬の発毛剤「リアップ」。この発毛剤の有効成分が、ミノキシジルになります。

頭皮に塗るだけで、高い発毛効果が得られるとあって、発売以来人気の高い発毛剤です。発売当初は、ミノキシジル1%配合でしたが、いまでは、より発毛効果が高い5%ミノキシジル配合の「リアップ」が販売されています。

ただミノキシジル単剤の使用だけでは薄毛を改善させるのが難しいケースもあり、患者の症状や体質に合わせて治療薬をオーダーメイド処方できるAGA治療専門クリニックで投薬治療を受けた方が、より確実に早く発毛効果を実感し、薄毛の改善につなげることができます。

ミノキシジル内服は個人輸入も可能だが、副作用に注意!

ミノキシジルは、外用薬だけではなく、内服薬もあります。 内服薬は、ミノタブ(ミノキシジルタブレット)とも呼ばれ、インターネット上では最強の毛生え薬としても評価されています。

しかし、日本では、「ミノキシジル外用」は認可されているものの、「ミノキシジル内服」は未認可となっているため、医師の責任のもとでしか処方できません。一方、アメリカなど諸外国では内服薬としても認可されているため、日本では、個人輸入をして、内服薬を入手することも可能となっています。

個人輸入をすれば、簡単に手に入れることができますが、個人輸入の場合、偽薬を購入させられるトラブルに遭ってしまったり、副作用が発生し、大変な思いをする可能性もあります。特に、ミノキシジルは、もともと血圧降下剤ということもあり、低血圧を誘発するなどの副作用が起こることも考えられるため、個人輸入して自己判断で服用するよりは、信頼ある医師のもとで処方していただいた方がよいと思われます。

AGA治療専門クリニックなら、正規品のミノキシジルを内服薬として処方していただけるクリニックもあり、副作用にもきちんと対応していただけます。

そして、ミノキシジル内服薬にこだわらずに、患者の薄毛の症状や体質に合わせた治療薬をオーダーメイドで処方していただけるので、薄毛を治療するなら、AGA治療専門病院で治療を受けることをおすすめします。

巷には、育毛剤や育毛・発毛サロンでの施術など、クリニックよりも手軽に薄毛のケアができるアイテムが増えてきています。 薄毛に悩む多くの方は、一度は試してみたこと