AGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)・ミノキシジルによる投薬治療や育毛・発毛メソセラピー、HARG" /> クリニックのAGA治療で薄毛を治すなら通院が必要-大阪の薄毛治療クリニック

トップ > 病院を選ぶ基準 > 通いやすい立地 > クリニックのAGA治療で薄毛を治すなら通院が必要

クリニックのAGA治療で薄毛を治すなら通院が必要

AGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)・ミノキシジルによる投薬治療や育毛・発毛メソセラピー、HARG(ハーグ)療法などは、1ヶ月に1回~3回ほどの通院が必要になってきます。患者の薄毛の進行具合によっては治療期間も長期にわたることもあります。

AGAは一般的には進行性であるといわれています。主な原因は、悪性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)にあります。このDHTの生成を阻害する投薬治療を行うことで、薄毛の症状の進行を遅らせることで、異常になったヘアサイクルを正常に戻すことで、髪の毛を増やすことができるのです。そのため、途中で治療自体を全てやめてしまうと、せっかく治った薄毛も元に戻る可能性があります。クリニックへ通院し治療を続けることで、フサフサな髪の毛の状態を保つことができます。

だから、クリニックが通いやすい場所にあるかどうかが重要となってきます。仕事で忙しい方は、仕事帰りに寄ることができる場所であると、気軽に通院することができ、途中で通院が面倒になって治療自体をやめてしまう心配もありません。

プロペシア(フィナステリド)・ミノキシジルなどのAGA治療薬は、AGA治療専門ではない一般の美容皮膚科などでも、簡単に安い価格で処方することができます。そのため、つい近場の美容皮膚科に通院してしまうという方も少なくないと思います。しかし、一般には、プロペシア(フィナステリド)・ミノキシジルなどの単剤処方をするだけでは、高い発毛効果は期待できないのが現状です。

本当に発毛効果を実感したいという方は、治療費が高くても、AGA治療専門クリニックで、通いやすい立地にある病院を選択するようにしましょう。 AGA治療専門クリニックのなかでも、患者一人一人の体質や体調・症状に応じたオーダーメイド治療ができるクリニックは、特に高い発毛効果が期待できます。

pic/order/250x200.jpg" /> AGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)・ミノキシジルによる投薬治療や育毛・発毛メソセラピー、HARG