トップ > AGA・薄毛治療に関する知識 > 薄毛対策に生活習慣の改善 > 薄毛の原因となる生活習慣改善で薄毛対策

薄毛の原因となる生活習慣改善で薄毛対策

気になる薄毛を改善させるための対策として、育毛剤使用や専門クリニックでの治療があげられますが、普段の生活習慣を改善させることも薄毛対策となります。

実は、薄毛になる原因は、普段の生活習慣にもあるのです。 睡眠不足・食生活の乱れ・人間関係や仕事によるストレス等、普段の生活習慣の乱れによっても、薄毛の症状が悪化してしまいます。

少しでも意識して、乱れた生活習慣を改善させることで、抜け毛や脱毛の悪化を防ぎ、薄毛の症状進行を抑えることが期待できます。

ちょっと薄毛が気になり始めたという方。 まずは、生活習慣の改善から始めてみませんか。

薄毛につながる3つの生活習慣

睡眠不足

睡眠が人間の体をメンテナンスさせるために必要な時間です。 睡眠中は、まず人間が生きていく上で必要な臓器や筋肉等の体の土台となる組織から優先してメンテナンスされていきます。 その後、髪の毛や爪等といった組織がメンテナンスされるといわれています。

睡眠が不足してしまうと、髪の毛のメンテナンスまで十分に行われなくなり、髪の成長に必要な栄養補給が不十分になります。 睡眠不足の生活習慣が続いてしまうと、髪の毛が成長せず、結果、薄毛の症状が進行してしまうのです。

特に、睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる22時から2時は、髪の成長に最も重要な時間帯です。 忙しくてなかなか睡眠時間が確保できないという方。まずは、ゴールデンタイムだけでも意識して寝るように心がけるのがおすすめです。

食生活の乱れ

髪の成長に欠かせないのが、食事から摂取する栄養素です。 特に、美髪のためには、髪の成長の3大栄養素といわれているタンパク質・ビタミン・亜鉛をバランス良く摂取できる食事を摂ることが重要です。

タンパク質は肉・魚・卵・穀物類等、ビタミンは野菜・果物等、亜鉛は貝類・レバー・乳製品等から摂取可能です。
外食やコンビニ食で、肉類ばかりで野菜の摂取量が極端に少ない等、偏った栄養バランスの食生活を送っていると、髪の成長に必要な栄養素が減ってしまい、結果、薄毛症状の進行につながる恐れがあるのです。

ストレス

現代人は、仕事や人間関係により発生するストレスを溜めこみがちです。ストレスを溜めてしまうと、髪の成長サイクルが乱れてしまい、その結果薄毛になってしまう可能性があります。

休日やリラックスしている時間に、うまくストレスを解消する方法を見つけることも重要ですが、仕事や人間関係をできる限り円滑に進める生活習慣を意識することで、ストレスの発生自体を抑えることも対策の1つになります。


薄毛が気になり始めた方。 まずは、日頃の生活習慣を見直してみて、意識して改善するよう心がけてみましょう。

また、多くのAGA・薄毛治療専門のクリニックでは、現在の髪の状態を簡単に知ることができる、無料のカウンセリングを行っています。 自分の髪の状態を知り、専門の医師から薄毛対策のアドバイスを受けることが可能です。

AGA・薄毛治療専門のクリニックは、育毛サロンと違って、強引に治療を受けるように勧めてくるようなことがないところがほとんどなので、無料のカウンセリングだけでも受けてみることをおすすめします。

気になる薄毛を改善させるための対策として、育毛剤使用や専門クリニックでの治療があげられますが、普段の生活習慣を改善させることも薄毛対策となります。 実は、薄毛