トップページ >  AGA・薄毛治療方法 >  HARG(ハーグ)療法

HARG(ハーグ)療法の特徴・効果

最も一般的なAGA治療であるプロペシア(一般名:フィナステリド)やミノキシジルの投薬治療など、治療方法の多くは、AGA治療の先進国であるアメリカで開発されていますが、最近になって注目されている日本発の薄毛治療があります。それが、HARG(ハーグ)療法と呼ばれる治療法です。

HARG(ハーグ)療法は、人間の幹細胞に含まれるAAPE(脂肪由来幹細胞たんぱく質抽出物)を含むカクテルを頭皮に直接注入することで、頭皮にある髪の毛をつくる幹細胞を活性化させる治療法です。育毛・発毛メソセラピーと同じく、頭皮に直接発毛を働きかける成分を注入するため、高い発毛効果が期待できます。
元々人の体が持つ幹細胞に含まれる成分を注入する治療法であるため、プロペシア(一般名:フィナステリド)やミノキシジルなどのAGA治療薬と比べて副作用が起きるリスクも低いとされています。

発毛効果も高く、副作用のリスクも低いことから、注目の治療方法ですが、クリニックによっては注入する成分や方法が異なるため、HARG(ハーグ)療法に関する治療実績のあるクリニックで受けることをおすすめします。

治療実績の高いクリニックのなかには、発毛実感率が99%と非常に高いクリニックもありますが、デメリットもあります。 それは、他の治療法と比べて治療費がかなり高額であるということです。
AGA治療は自由診療であるため、クリニックによって料金は異なりますが、1ヶ月あたりおよそ10万円~20万円程度とかなり高額な治療費がかかります。治療を受けた患者が発毛するまでにかかる期間は平均3ヶ月~4ヶ月といわれていますが、それでもトータルではかなり高額な治療費がかかることになります。

HARG(ハーグ)療法を行う場合は、まずは医師による薄毛に関する相談を受けてみることから始めるとよいでしょう。AGA治療専門クリニックの多くは、無料でカウンセリングを受けることができるので、積極的に相談を受けてみることをおすすめします。


HARG(ハーグ)療法はこんな方におすすめ

AGA治療薬では発毛効果が実感できなかった方
プロペシア(フィナステリド)やミノキシジルの投薬治療を行っても、満足するほどの発毛効果が実感できなかった方におすすめです。
自毛植毛手術はリスクがあり怖くて受けられない方
自毛植毛手術は外科的手術であるため、傷跡が残るなどのリスクがあり、怖くて受けられないが、治療により高い発毛効果を実感したい方におすすめです。
長期にわたり定期的な通院が困難な方
HARG(ハーグ)療法は、約2週間~1ヶ月に1回の通院を6~10ヶ月程度続けますが、その後、定期的な通院は基本的には不要となります。忙しくて、長期にわたる通院が難しい方におすすめです。

大阪でHARG(ハーグ)療法が受けられるおすすめのクリニック

大阪梅田中央クリニック
最先端の痛くないハーグ治療が受けられる

治療相談:無料
治療内容:投薬治療・HARG(ハーグ)治療
最先端の毛髪再生治療・ハーグ治療を低価格で受けられるクリニックです。一般的に痛みを伴うといわれるハーグ治療ですが、大阪梅田中央クリニックでは、注射針を使わないノンニードルタイプのハーグ治療が受けられるのが特徴です。
ガーデンクリニック
AGA遺伝子検査により最適な治療法を提案

治療相談:無料
治療内容:投薬治療・育毛メソセラピー・HARG(ハーグ)治療・自毛植毛
内服薬や外用薬を用いた投薬治療から、メソセラピー、HARG(ハーグ)治療、さらに自毛植毛まで、様々な薄毛治療を受けることができるクリニックです。適切な治療を施すためAGA遺伝子検査も実施しています。
ゴリラクリニック
オリジナル治療で高い発毛成功率

治療相談:無料
治療内容:投薬治療・育毛メソセラピー・HARG(ハーグ)治療
ミノキシジル・フィナステリドを配合したオリジナルAGA内服治療薬を導入した投薬治療や、ほぼ無痛のHARG(ハーグ)治療、オリジナルの発毛メソセラピー治療ヘアマトリックスにより、高い発毛成功率を誇るクリニックです。注射針を使わないノンニードルタイプのハーグ治療で、ほぼ無痛の治療を受けることができます。