トップ > AGA・薄毛治療に関する知識 > 治療薬の個人輸入注意点 > AGA治療薬の個人輸入にはリスクあり

AGA治療薬の個人輸入にはリスクあり

AGA治療薬は国内では、基本的に病院で医師の処方箋を受けなければ購入できませんが、一部治療薬は海外でも販売されているため、インターネット等を介して個人輸入することで、自分で購入することも可能です。

主要なAGA治療薬フィナステリド(商品名:プロペシア)を個人輸入で購入する場合、その価格は、AGA治療を行っている専門クリニックや皮膚科で、医師の処方箋を受けて購入するよりも、一般的に安くお得に購入できるとされています。

●個人輸入 相場1,800円~3,000円
●専門クリニック 相場4,200円~8,000円
●皮膚科 相場8,000円~10,000円

治療薬の価格だけをみて、できるだけ費用を抑えたいという方のなかには、個人輸入での購入を行っている方もいます。 しかし、個人輸入での治療薬の購入には、医師の処方箋による購入よりもリスクがあるため、注意する必要があります。

AGA治療薬を個人輸入する際の注意点

信頼性のないところから購入すると偽の治療薬を購入するリスクあり

インターネット等を介して信頼性のない、もしくは出荷元不明のところから治療薬を購入してしまうと、自分では気づかないうちに偽の治療薬を購入してしまう恐れがあります。
また、偽の治療薬を服薬してしまうと、思わぬ副作用が発生する恐れもあります。 個人輸入する際は、信頼のあるところから治療薬を購入するようにしましょう。

薄毛の治療実績のない、あるいは不明の治療薬を購入するリスクあり

購入した治療薬自体が、薄毛患者が使用した実績がない治療薬である恐れもあります。治療実績がない、もしくは不明の薬を服用し続けても、満足できる十分な効果が実感できない恐れがあります。

自分の薄毛の症状に合った治療薬を選択するのが困難

薄毛といっても、人によっても症状の進行具合や原因(遺伝・体質等)等が異なります。そのため、その人の薄毛の症状に合った治療薬を選択することが、治療を効果的に進めるにあたりベストだとされています。
医師の診察を介さずに、個人輸入で治療薬を購入してしまうと、自分の薄毛症状に合った治療薬を選択するのが困難です。 自分の薄毛症状に合わせない治療薬を服薬し続けても、十分な効果を実感できない恐れがあります。


上述したとおり、治療薬を個人輸入する際に注意する点が多数あります。 医療知識が乏しいまま治療薬を個人輸入してしまうと、思わぬリスクが発生する可能性があります。

リスクを最小限に抑えるためにも、まずはじめは医師による診察を受けたうえで、治療薬を購入することをおすすめします。


AGA治療薬は、一般の皮膚科でも処方できるところがありますが、おすすめはAGA治療専門クリニックでの処方です。 専門クリニックには、これまで数多くの薄毛治療を行った実績のある専門医がいるので、その患者に合った治療を行うことが可能です。

多くの専門クリニックでは、無料で治療や薄毛相談ができるカウンセリングを実施しているので、治療するかどうか悩まれている方も、まずはカウンセリングから気軽に受けてみることをおすすめします。


AGA治療薬は国内では、基本的に病院で医師の処方箋を受けなければ購入できませんが、一部治療薬は海外でも販売されているため、インターネット等を介して個人輸入する