トップ > AGA・薄毛治療に関する知識 > AGA遺伝子検査 > 病院に行かなくても遺伝子検査でAGAリスク予測できる

病院に行かなくても遺伝子検査でAGAリスク予測できる

最近、抜け毛がやたらと多いように思う。将来ハゲてしまったらどうしよう・・・
髪の毛が薄くなってきているような気がするけど、これってAGA発症につながるの?

AGAは一度発症すると、早く薄毛が進行していく病気なので、早めに発見・治療して、薄毛の進行を抑える必要があります。 あまり薄毛が進行していない段階でも、AGAの発症リスクを予測することができる簡単な遺伝子検査があります。

専門の病院でも実施できますが、病院に行かなくても検査キットを取り寄せて、自宅で頬の粘膜を綿棒で採取し、検体を宅急便で検査機関に送るだけで検査を受けることも可能です。

AGA遺伝子検査キット 詳細はこちら!

AGA遺伝子検査を受けるとこんなことがわかる!

実際にAGA遺伝子検査を受けることで、主に以下の2つの内容を知ることができます。 自分の検査結果内容を知ることで、将来AGAを発症した際に早期に発見・治療を行うことにつながります。


将来AGAを発症する危険度を予測

将来AGAを発症し、薄毛が進行してしまう危険度を予測することができます。 AGA発症リスクの予測は、現段階でちょっと抜け毛がひどく、これから将来ひどい薄毛になったらどうしようと悩む方に有効です。

ただこの検査はあくまでも遺伝子解析の結果ということであって、リスクが低いからといって将来必ずしもAGAを発症しないというわけではありません。AGAの原因は、遺伝によるものもありますが、遺伝以外にも、生活習慣やストレスなどあらゆる要因が複雑に絡んで発症するケースが多いためです。


AGA治療薬フィナステリドによる治療効果を予測

AGA治療薬の代表的なものとしてあげられるのがフィナステリド(プロペシア)。 AGA原因物質である悪性ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害することで、薄毛の進行を抑える働きを持つ薬です。

しかし、フィナステリドは、どんな患者でも治療効果が認められるというわけではなく、人によって治療薬の感受性の高さに違いがあり、感受性が低いと、長期間服用しても効果が認められない患者もいます。

AGA遺伝子検査で、フィナステリドの感受性を遺伝子解析することで、自分にとって治療薬が有効かどうかを、治療前にあらかじめ知ることができます。実際に、専門病院でも、AGA遺伝子検査を行ったうえで、その人に合わせた治療方針を決めていくところもあります。

AGAは早期発見・早期治療がポイント

AGAは、一度発症すると、薄毛の進行が早く、あっという間に髪の生え際が後退したり、頭頂部が薄毛になってしまったりします。 特に、頭頂部の毛は、普段意識的にチェックしないとみることができないため、気づいたらかなり薄毛になっていたという方が多いようです。 薄毛がある程度進行してしまうと、病院でAGA治療を受けたとしても、治療効果が得られるまで長い期間を要する可能性が高くなります。

AGAを発症してしまったら、薄毛が進行してしまう前に、早めに専門病院へ行って治療を受けることをおすすめします。 事前に、AGA遺伝子検査を受けておいて、自身のAGA発症のリスクを理解しておくことで、病院でのAGA治療の早期開始も可能となります。

AGA遺伝子検査は専門病院でも受けられる

AGA遺伝子検査は専門病院でも受けることができますが、遺伝子キットを自分で取り寄せて検査を行うよりも料金が割高であり、血液検査となるため、わざわざ病院に行って検体として血液を採取する必要があるのでデメリットです。

病院にわざわざ出向かなくても、自宅にいながらでも、病院よりも安い料金で手軽に検査を受けられるという点で、自宅でできるAGA遺伝子検査キットを利用するのをおすすめします。

AGA遺伝子検査キット 詳細はこちら!
最近、抜け毛がやたらと多いように思う。将来ハゲてしまったらどうしよう・・・ 髪の毛が薄くなってきているような気がするけど、これってAGA発症につながるの? A