トップ > AGA・薄毛治療に関する知識 > AGAは完治できる? > AGAって完治できるの?

AGAって完治できるの?

AGAはジヒドロテストステロン(DHT)が過剰分泌されることで生じる脱毛症で、男性に多く見られるのが特徴です。進行スピードは個人差があって、ほぼ年齢相応のボリュームを維持しながら少しずつ減退していく人もいますし、20代でほぼツルツルになってしまう方もいます。

早期発見治療をすることで完治できるケースがありますが、放置するほど完治は難しくなってくるでしょう。円形脱毛症との違いは広範囲に薄くなることであり、頭頂部と前頭部の髪の密度が低下していきます。
生え際から薄くなっていく場合は進行速度が緩やかですが、数年前の写真と比較するとおでこが広くなっていることに気づく方もいます。AGAは男性ホルモンを抑制するフィナステリドが効果的であり、日本ではプロペシアとしておなじみです。

昔はAGAを完治させることは不可能だと言われていましたが、現在は完治させることが可能な時代になりました。かつては血行促進を中心としてケアしていましたが、現在は原因物質のジヒドロテストステロンを抑制することがポイントになっています。
血行促進と男性ホルモン抑制を並行することで、ボリュームは復活させることは可能です。薄毛治療は急激に効果が生じることは少なく、少しずつ髪が復活していく感覚となります。細く身近かった産毛が少しずつ太くなってコシを持つようになり、それは洗髪後の抜け毛を見てもわかります。抜け毛が増えてきたらAGAの前兆と考えられるので、早めにフィナステリドで治療してください。


AGAはジヒドロテストステロン(DHT)が過剰分泌されることで生じる脱毛症で、男性に多く見られるのが特徴です。進行スピードは個人差があって、ほぼ年齢相応のボリ