トップページ >  AGA・薄毛治療に関する知識 >  AGA進行度の診断について

AGA進行度の診断について

AGAの進行度を把握するための方法としてハミルトン・ノーウッド分類という方法があります。これは、前頭部の生え際や頭頂部の薄毛の状況を確認して1から7型の症状に分類する手法のことです。

AGAは、一般的にM型とO型の二つに分類できます。
M型というのは生え際がM字状の症状に脱毛していくもので、初期の脱毛症によく見られる症状です。一方で、O型というのは頭頂部を中心に円状に薄毛が広がっている状況です。AGAが進行すると、生え際から頭頂部の薄毛にシフトしていく傾向があるため、この症状が出た場合にはすぐに治療を進めた方が無難です。

普通は、こうしたAGAの症状はクリニックで確認してもらうことが一番です。しかし、こうしたM型やO型の進行状況とハミルトン・ノーウッド分類を比較すると素人でも簡単に頭皮の状況を確認できるようになります。
ハミルトン・ノーウッド分類は、頭皮の状況を視覚的に判断できるように分類されているため、患者の髪の毛の抜け方さえわかれば後はそれぞれの型に当てはめるだけでどの程度進行しているのかがわかるようになります。
日本のクリニックで利用する場合にはこのハミルトン・ノーウッド分類にアレンジを加えた方法が採用されているため、その点も知っておきましょう。


薄毛治療専門クリニック 無料カウンセリング・治療体験レビュー

AGA治療の無料カウンセリング・治療の流れってどんな感じなの?実際に行く前に、クリニックの雰囲気を知りたい! ということで、実際に、AGA治療専門クリニックとして定評のあるAGAスキンクリニックへ訪問し、無料カウンセリング・治療に関して体験してみました。
AGAスキンクリニック体験レビューはこちら
女性患者専門の薄毛治療クリニックとして定評のある東京ビューティークリニック。 無料カウンセリング・治療はどのような流れで進められるのか?実際にカウンセリング・治療を行う前にクリニックの雰囲気が知りたい!そんな方のために、実際に東京ビューティークリニックへ訪問し、無料カウンセリング・治療に関して体験してみました。
東京ビューティークリニック体験レビューはこちら