トップページ >  AGA・薄毛治療方法 >  AGA治療薬フロジン

AGA治療薬フロジンの特徴・効果

フロジンは局所的に血管を拡張させる作用を有する、塩化カルニロピウムを主成分とする医薬品です。医師の処方に伴って、薄毛治療の目的で購入・使用する事が可能です。またアロビックスと呼ばれるジェネリックも存在し、こちらは個人輸入等に拠る購入も可能です。

血流の促進によって発毛を促進し、全般に薄毛解消に繋がる効果が見られます。血流を抑制する体内酵素の働きをブロックする効果も見られる為、効果が長時間持続し易いというのも魅力的な点です。特に初期のAGAには効果が高いとされ、局所使用の利便性の高い治療薬として、優先的に処方されるケースがあります。
頭部への局所使用に留まる為、全身に及ぶ副作用が見られ難いのも利点と言えます。

AGA治療薬フロジンの服用期間・副作用について

AGA治療薬のフロジンは、薄毛部分に局所的に使用して血流を促進させ、その改善を図る為の医薬品となります。一般店舗では販売されておらず医師の処方に拠る入手が必要ですが、ジェネリック薬であるアロビックスに関しては自己責任の範囲内で個人輸入する事も可能です。

フロジンは服用するものでは無く塗り薬である為、副作用が出たとしても局所的に留まり易いという性質があります。但し稀に強い発汗・悪寒が生じる事もある為、該当した場合には速やかに使用を中止するといった対処が必要です。個人輸入の場合、こうした対処の内容・費用も全て自己責任であり、より注意を要します。

使用期間ですが、局所的な使用に留まる事もあって、1日2~3回程度までの塗布という以外には特に定められていません。基本的に薄毛治療においてフロジンを使う場合、全般的な薄毛の対処には他の薬剤・育毛剤を併用する事も多くなっています。特効薬では無いので効果が実感出来るまでには1~2ヶ月程度は要する事もあり、治療が確たるものとなるまでが使用期間となります。

アロビックス(フロジン)の個人輸入のリスク

フロジンはAGAを始めとする薄毛に対抗する治療薬として、医師による処方で利用可能な医薬品です。一方、アロビックス等のジェネリック薬も海外では出回っており、これを個人輸入で購入してランニングコストを下げつつ使用する事も可能な医薬品となっています。

個人輸入で利用する場合に注意したいのは、副作用のリスクです。局所使用型とは言えフロジン・アロビックスの主成分には血管拡張作用があり、一時的な低血圧症状を起こしたりする可能性が否定出来ません。また皮膚に直接塗布する型となるので、体質に拠っては肌荒れといった健康被害が齎される可能性もあります。更に個人輸入全般に共通する事ですが、偽薬を掴まされるリスクもあります。

副作用への対処が費用面も含めて個人輸入の場合は全て自己責任となるので、購入・使用に慎重を期す必要はあります。

薄毛治療専門クリニック 無料カウンセリング・治療体験レビュー

AGA治療の無料カウンセリング・治療の流れってどんな感じなの?実際に行く前に、クリニックの雰囲気を知りたい! ということで、実際に、AGA治療専門クリニックとして定評のあるAGAスキンクリニックへ訪問し、無料カウンセリング・治療に関して体験してみました。
AGAスキンクリニック体験レビューはこちら
女性患者専門の薄毛治療クリニックとして定評のある東京ビューティークリニック。 無料カウンセリング・治療はどのような流れで進められるのか?実際にカウンセリング・治療を行う前にクリニックの雰囲気が知りたい!そんな方のために、実際に東京ビューティークリニックへ訪問し、無料カウンセリング・治療に関して体験してみました。
東京ビューティークリニック体験レビューはこちら